医療費控除とセルフメディケーション税制で節約する方法

2017年6月1日

jarmoluk / Pixabay

2017年1月から新しくセルフメディケーション税制が導入されましたので、医療費やお薬代を節約する方法をご紹介します。これまでの医療費控除との違いやどちらを選択すれば、よりお得なのかも併せてご紹介していきます。医療費やお薬を購入した時のレシートや領収書は取っておいて、確定申告の時に忘れずにこの制度を利用しましょう。

セルフメディケーション税制とは

特定の成分を含むOTC医薬品を1年間に12,000円以上購入し、更にその年に会社の健康診断や自治体のメタボ検診などを受けていることを条件に受けることができる所得控除のことです。

この制度は、自分自身の健康管理を心がけると共に、軽い症状であればOTC医薬品を利用することによって、自分で自分の健康を管理すること(セルフケア)を国として推進しようとするものです。

OTC医薬品ってなに?

nosheep / Pixabay

薬局やドラッグストアなどで販売されている医薬品のことです。対象となる商品には、OTC医薬品のマークが表示されています。また、セルフメディケーション税制の控除対象商品にもマークが表示されていて見つけやすくなっています。

薬局やドラッグストアによって表記方法は異なりますが、レシートにも対象商品であることがわかるような表記になっていますので、対象のレシートは捨てずにとっておきましょう。

これまでの医療費控除はどうなるの?

1年間に支払った医療費の合計が10万円を超えた場合、超えた金額が所得から控除されて税金が還付・減額される医療費控除という制度があります。この制度は2017年以降も継続して利用することができます。ただし、医療費控除とセルメディケーション税制は、同時に利用することはできません。

医療費控除 or セルフメディケーション税制どっちがお得なの?

1年間の医療費の合計が10万円を超えていて、かつ、OTC医薬品を1年間に12,000円以上購入している場合は、超えている部分の金額が大きい方の制度を利用した方がお得になります。

確定申告すれば完了

あとは確定申告すれば所得から控除された金額が還付・減額されます。確定申告の方法はここでは割愛しますが、わからないという方は税務署に相談すれば教えてもらえますので、ぜひ挑戦してみてください。

 


PAGE TOP